2014年11月06日

制作日誌B「作品制作資料を作る」

gk028_sd000.gif

企画書がまとまれば、いよいよ作品制作資料を作ります。
主な資料は以下の2点。

・プロット
・コンテ

プロットは、シナリオの粗筋をまとめたものになります。
制作を行いながら、少しずつプロットを書いていく人もいるみたいですが、
僕は一番初めに、最後までプロットを固めてしまうタイプです。

シナリオ全体をブロック分けし、
そのブロック毎に起る内容、使用するCG、フラグ、ポイントなどの
諸条件を割り振っていきます。

本作だと分岐ブロックも含めてブロック数は全部で19。
プロットの容量はテキストファイルで約35kbになりました。

本作のシナリオは既に完成しており、
スクリプトを含まない状態でのシナリオ容量は約250kb。

つまりプロットは、シナリオ全体を約1/7に
圧縮したものになります。

これが一般的に見て多いのか少ないのかは分かりませんが、
とりあえずプロットとコンテさえ完成してしまえば、
『僕が死んでも作品は出る』という段階にまで持っていくよう、
心がけています。

実際にプロットを見てもらいたいのですが、
でも流石にネタバレ要素が多いので、
プロット完成後に制作するフローチャートを公開しましょう。

ただこれもネタバレ要素を含むので、
思い切り縮小させて頂きました。

gk028_sd005.jpg

今回は文字ばかりで面白く無いですね。
次回は鰻丸先生のラフを公開します。

(春日森)
posted by staff at 16:00 | Comment(0) | 制作日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。